忍者ブログ
[1] [2] [3]
ドラマ日:2017/05/29 (Mon)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドラマ日:2012/06/21 (Thu)

37歳で医者になった僕最終話あらすじ

フジテレビドラマ「37歳で医者になった僕」

原作は川渕圭一の小説「研修医純情物語シリーズ」

SMAP草彅剛主演ドラマ!

37歳で医者になった僕最終話あらすじ

7年ぶりに声を取り戻したすず(ミムラ)の容態が急変し、そのまま危篤状態に陥る。

祐太(草なぎ剛)は意識の戻らないすずに付き添いながら、周囲の反対を押して通常通りの勤務に就く。

一方、佐伯(松平健)は、伊達(竜雷太)の死を巡る医療訴訟問題を力づくで示談にまとめ、晴れて医学部長に就任。

そんななか下田(八乙女光)がカンファレンスの席で、由美恵(田島令子)から託された手紙を佐伯に渡そうとする。

37歳で医者になった僕11話あらすじ「僕が医者を続けるただ一つの理由」

【37歳で医者になった僕 主題歌】
サカナクション「僕と花」

【37歳で医者になった僕 出演者】
草彅剛(SMAP)、水川あさみ、ミムラ、真飛聖、八乙女光(Hey!Say!JUMP)、桐山漣、鈴木浩介、斎藤工、田辺誠一、松平健
ドラマ日:2012/06/13 (Wed)

37歳で医者になった僕10話あらすじ

フジテレビドラマ「37歳で医者になった僕」

原作は川渕圭一の小説「研修医純情物語シリーズ」

SMAP草彅剛主演ドラマ!

37歳で医者になった僕10話あらすじ

伊達(竜雷太)が亡くなったことを巡り佐伯(松平健)の医療ミス疑惑が浮上する中、辞表を提出した下田(八乙女光)は「ちゃんとケリをつけたい」と祐太(草なぎ剛)に伝え、病院を去る。

祐太は、下田にかける言葉が見つからない。

下田は由美恵(田島令子)に会い、裁判で佐伯の医療ミスを証言すると約束。

研修医仲間にも、もう医者を続ける気はないと、その決意を伝える。

医者の将来をあきらめてでも自分の正義を貫こうとする下田の勇気に、祐太の心は揺れ・・・。

37歳で医者になった僕10話「医者が忘れてはいけないその重み」

【37歳で医者になった僕 主題歌】
サカナクション「僕と花」

【37歳で医者になった僕 出演者】
草彅剛(SMAP)、水川あさみ、ミムラ、真飛聖、八乙女光(Hey!Say!JUMP)、桐山漣、鈴木浩介、斎藤工、田辺誠一、松平健
ドラマ日:2012/06/06 (Wed)

37歳で医者になった僕9話あらすじ

フジテレビドラマ「37歳で医者になった僕」

原作は川渕圭一の小説「研修医純情物語シリーズ」

SMAP草彅剛主演ドラマ!

37歳で医者になった僕9話あらすじ

佐伯教授(松平健)の高校時代の恩師である伊達(竜雷太)が亡くなった。

新しく准教授となった中島(鈴木浩介)のお披露目勉強会に出席していた佐伯は伊達が亡くなった知らせを受ける。

祐太(草なぎ剛)は佐伯の医療ミスという疑念を持ち、瑞希(水川あさみ)に相談するが、「不用意なことは言わない方がいい」と言われる。

一方、伊達の担当医であった下田(八乙女光)は、責任の重さに押しつぶされそうになっていて・・・。

37歳で医者になった僕9話「医者も一人の弱い人間という現実」

【37歳で医者になった僕 主題歌】
サカナクション「僕と花」

【37歳で医者になった僕 出演者】
草彅剛(SMAP)、水川あさみ、ミムラ、真飛聖、八乙女光(Hey!Say!JUMP)、桐山漣、鈴木浩介、斎藤工、田辺誠一、松平健
ドラマ日:2012/05/30 (Wed)

37歳で医者になった僕8話あらすじ

フジテレビドラマ「37歳で医者になった僕」

原作は川渕圭一の小説「研修医純情物語シリーズ」

SMAP草彅剛主演ドラマ!

37歳で医者になった僕8話あらすじ

祐太(草なぎ剛)からプロポーズを受けたすず(ミムラ)は、実家を出て祐太のアパートで一緒に暮らし始める。

 一方、佐伯(松平健)の紹介で入院した伊達(竜雷太)は佐伯の高校時代の恩師だった。

外来で診察を受け、肺炎の疑いがあると診断されて入院したらしい。

佐伯の診察以外は受けないと言い張り検査すら拒否する伊達に、担当の下田(八乙女光)は困り果てていた。

しかし、佐伯は病室に顔を出そうともしない。

祐太は伊達の妻・由美恵(田島令子)から、伊達が教え子だった佐伯の出世を何より誇りに思っていると聞かされる。

37歳で医者になった僕8話「医者と患者が向き合うことの意味」

【37歳で医者になった僕 主題歌】
サカナクション「僕と花」

【37歳で医者になった僕 出演者】
草彅剛(SMAP)、水川あさみ、ミムラ、真飛聖、八乙女光(Hey!Say!JUMP)、桐山漣、鈴木浩介、斎藤工、田辺誠一、松平健
ドラマ日:2012/05/23 (Wed)

37歳で医者になった僕7話あらすじ

フジテレビドラマ「37歳で医者になった僕」

原作は川渕圭一の小説「研修医純情物語シリーズ」

SMAP草彅剛主演ドラマ!

37歳で医者になった僕7話あらすじ

祐太(草なぎ剛)のアパートを訪ねてきたすず(ミムラ)は、久しぶりにゆっくり話がしたいと部屋に泊まることになり、瑞希(水川あさみ)は2人の様子が気になって仕方がなかった

一方、東央医大では、佐伯(松平健)が利益の上がらない入院患者たちを退院させようとしていた。

祐太は、林田(阿部力)から「障害を抱える者と健常者の間には越えられない線がある」と告げられ、祐太もそれを自覚しなければ、すずを苦しめることになると言われる。

その夜、博昭(志賀廣太郎)に呼び出された祐太は、手術が絶望的になったすずを転院させたいと打ち明けられる。

祐太は「残された時間、すずのためだけに生きてやってくれないか」と懇願され戸惑う。

翌日、珍しく弱気な発言をする祐太に、森下(田辺誠一)が温かい言葉をかける。

そんなとき、すずが祐太に突然別れを。

自分がすずを苦しめていたと知り思い悩む祐太だったが、瑞希(水川あさみ)に叱咤され、一つの決意が!

37歳で医者になった僕7話「医者としてでなく人として僕は…」

【37歳で医者になった僕 主題歌】
サカナクション「僕と花」

【37歳で医者になった僕 出演者】
草彅剛(SMAP)、水川あさみ、ミムラ、真飛聖、八乙女光(Hey!Say!JUMP)、桐山漣、鈴木浩介、斎藤工、田辺誠一、松平健
PR
ドラマ動画カテゴリー
動画の著作権について
当サイトはyoutube等にアップロードされている動画を紹介していますが、著作権の侵害を目的とするものではありません。なお当サイトからYouTube等に動画のアップロードも一切していません。動画・音声等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しておりますので、当サイト管理者に責任は及ばないものとします。

Copyright (C)2010 ドラマあらすじ「ドラマキャスト」 All Rights Reserved.

※当サイトの画像、文章など全ての無断転載を固く禁じます。

ドラマ 動画 主題歌 ドラマ・映画ランキング忍者ブログ [PR]