忍者ブログ
[330] [329] [328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320]
ドラマ日:2017/06/24 (Sat)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドラマ日:2012/05/23 (Wed)

37歳で医者になった僕7話あらすじ

フジテレビドラマ「37歳で医者になった僕」

原作は川渕圭一の小説「研修医純情物語シリーズ」

SMAP草彅剛主演ドラマ!

37歳で医者になった僕7話あらすじ

祐太(草なぎ剛)のアパートを訪ねてきたすず(ミムラ)は、久しぶりにゆっくり話がしたいと部屋に泊まることになり、瑞希(水川あさみ)は2人の様子が気になって仕方がなかった

一方、東央医大では、佐伯(松平健)が利益の上がらない入院患者たちを退院させようとしていた。

祐太は、林田(阿部力)から「障害を抱える者と健常者の間には越えられない線がある」と告げられ、祐太もそれを自覚しなければ、すずを苦しめることになると言われる。

その夜、博昭(志賀廣太郎)に呼び出された祐太は、手術が絶望的になったすずを転院させたいと打ち明けられる。

祐太は「残された時間、すずのためだけに生きてやってくれないか」と懇願され戸惑う。

翌日、珍しく弱気な発言をする祐太に、森下(田辺誠一)が温かい言葉をかける。

そんなとき、すずが祐太に突然別れを。

自分がすずを苦しめていたと知り思い悩む祐太だったが、瑞希(水川あさみ)に叱咤され、一つの決意が!

37歳で医者になった僕7話「医者としてでなく人として僕は…」

【37歳で医者になった僕 主題歌】
サカナクション「僕と花」

【37歳で医者になった僕 出演者】
草彅剛(SMAP)、水川あさみ、ミムラ、真飛聖、八乙女光(Hey!Say!JUMP)、桐山漣、鈴木浩介、斎藤工、田辺誠一、松平健
PR
ドラマ動画カテゴリー
動画の著作権について
当サイトはyoutube等にアップロードされている動画を紹介していますが、著作権の侵害を目的とするものではありません。なお当サイトからYouTube等に動画のアップロードも一切していません。動画・音声等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しておりますので、当サイト管理者に責任は及ばないものとします。

Copyright (C)2010 ドラマあらすじ「ドラマキャスト」 All Rights Reserved.

※当サイトの画像、文章など全ての無断転載を固く禁じます。

ドラマ 動画 主題歌 ドラマ・映画ランキング忍者ブログ [PR]